医薬品の個人輸入代行業者に頼る理由と代行業者の特徴

私たちも、海外から医薬品を輸入することは可能です。
ではなぜ、輸入代行業者は存在し、彼らを介して購入するという手間を踏む必要があるのでしょうか。
まず、法律上の問題があります。
薬事法などによる制限です。
きちんとした目的がなければ、個人で輸入することはできません。
加えて、使用は輸入者本人のみに限定されているため、仕入れた医薬品を他者に販売することはもちろん、譲ることも許可されていません。
個人が輸入を必要とする目的については、ある国の処方箋が必要であることが認められています。
どういうことかというと、例えば以前に海外で治療を受け、日本に帰国した後も薬の服用を続ける場合に、薬もその国で処方されたものが必要となるのです。
自分の病気を完治させるためには、医薬品を輸入しなければいけないという訳です。
また、その理由であったとしても、輸入前に地方厚生局に書類を提出して、薬事法に抵触していないことを示さなければいけません。
薬の範囲によっては、税関での確認のみで済む場合もありますが、具体的にどの薬がそうなのか、自分が求める医薬品は該当するのかを調べなければならないという手間もあります。
逆に、一切の輸入が禁じられている薬もあります。
覚せい剤など、日本で所持しているだけでも処罰の対象になる薬が該当します。
このように、個人で輸入するには手間と時間がかかります。
それらを省いたり、また必要な知識を補う意味もあって、個人輸入代行業者に頼るケースが多いのです。
外国語が話せない方や読めない方にとっても、連絡のやりとりが困難ということも理由の一つでしょう。
それでは、輸入代行業者に頼るのは良いとしても、どのように選ぶべきでしょうか。
わかりやすい判別は、やはり利用者のレビューや口コミです。
業者のお店やホームページに記載されているものはもちろん、個人のホームページやブログなどに記載されているものも重要です。
実際に利用した方が満足したのか、本物の薬で安心安全であるかなどがわかります。
取引をホームページでも行っている業者の場合は、ページにも特徴があります。
それは、医薬品を掲示していないことです。
一般的な通販サイトでは、商品がホームページ上に陳列され、その中から欲しいものを選択して購入するという形式になっています。
しかし、医薬品の個人輸入代行業者のページは、それとは異なります。
医薬品の公開を一切していないのです。
これは薬事法による制限のためで、同法の中に「未承認医薬品の広告禁止」という規定があります。
これにより商品の名前や効果、例えばスキンケアに良いなどの表示をすることを禁じているのです。
商品が表示されている業者は、一般の通販サイトとみるか、良くないサイトとして、個人輸入の依頼はしない方が良いでしょう。
個人輸入を依頼する際は、薬品名については自分で調べた上で、入力フォームや問い合わせ欄から申し込むという形式が一般的なのです。