個人が海外医薬品を輸入するのは合法

日本で医薬品を販売するには、基本的に厚生労働省が安全性を認可したものでなければなりません。
ですから、日本の業者が勝手に日本で認可されていない海外の医薬品を販売することはできないことになります。
たとえ海外で普通にドラッグストアなどで売られている医薬品であっても、利用者が多く海外の公的機関で安全性が認められていても、法律で決められている以上、ダメなものはダメなのです。
しかし、海外の医薬品の中には業者による販売はダメでも、医師の処方箋があれば購入できる優れたものもあります。
また、日本で認可が遅れているだけで、日本の薬よりも優秀な医薬品もたくさんあります。
このような医薬品を個人で手に入れることが絶対に無理なのかというと、実はそうではありません。
というのも、薬事法では個人に限って、海外医薬品を国内で入手すること自体は認めているからです。
つまり、医薬品の個人輸入代行を自己責任で行って、自分で使用する分には何ら問題はないのです。
個人輸入を言うと、少し難しく聞こえるかもしれませんが、ようは個人がネットなどを通して、直接海外のメーカーなどから薬を買うことは許されているということです。
ただし、メーカーなどと直接連絡を取り合うとなると、現地の言葉、もしくは英語でコミュニケーションを摂らなければならないでしょう。
ですから、かつての個人輸入と言えば、ごく一部の語学力に優れた人たちだけが行っているものでした。
しかし、近年になって、医薬品の個人輸入代行をしてくれる業者が登場し、誰でも気軽に海外の医薬品を購入できるようになったのです。
誰もが望んでいたサービスですから人気になるのは当然で、現在は老舗と呼ばれる大手の業者も現れているほどになっています。
この業者の優れている点は、輸入や販売に関する全ての手続きだけでなく、万が一のトラブルにも対応してくれているところです。
また、医薬品を販売しているサイトも全て日本語表記となっていますから、外国語が全くできなくても問題ありません。
使用方法から有効成分の説明、注意点や副作用など、全てをチェックしてから購入することが可能となっています。
また、業者のサイトの多くが口コミ情報を掲載していますから、海外の医薬品に不安がある人でも、どれくらいの評判なのか、日本人に合う薬なのか、安全性は高いのかといったことを、利用者の声から知ることもできるようになっています。
海外医薬品ということで気になるのは、正規品であるかどうかですが、現在は多くの業者が管理やチェック体制を強化しています。
中には薬剤師による成分検査を独自に行っている業者もあるので、不安な方はそういったところを探して利用してみるといいでしょう。
大抵は大手と呼ばれる業者が行っているサービスになると思います。
悪質な業者は現在、かなり淘汰されていますが、医薬品の個人輸入代行業者を利用する場合は、必ず信頼できるかどうかを第一に考えて選ぶようにしましょう。