医薬品の個人輸入代行をお得に利用しよう

医薬品や医薬部外品など、日本で入手するには費用が掛かり過ぎたり、日本国内では売られていなかったりするものを海外から輸入することは条件付きながら認められています。
個人が使用する目的ならば輸入することは大丈夫なのですが、例えば要指示薬なら1か月分以内という数量制限はかかっています。
ただし注意点があります。
日本国内で販売されている薬ならば安全性と有効性は厚生労働省によって確認されているのですが、海外の医薬品は必ずしもそうとは言えません。
それでも敢えて輸入するのならば自己責任ということになりますので十分に情報収集しておきましょう。
個人輸入代行業者は海外の医薬品を個人に代わって調達してくれます。
個人からの注文を請け負って海外からのお薬を輸入してくれるのです。
個人が海外の薬を販売しているサイトから薬を購入しようとするといくつかのハードルがあります。
まず第一は英語の壁です。
語学が堪能な人ならばともかく、薬の効能や副作用について説明した英文は理解するのが難しいです。
様々な注意書きも把握しないといけませんが、薬についての説明文は翻訳ソフトを使っても意味がわからないことが多いのです。
個人輸入代行業者のサイトは日本語で書かれていますので、英語というハードルは簡単にクリアすることができます。
第二の難関は決済の方法です。
クレジットカードで決済をしたらよいのでしょうが、やはり海外のサイトにクレジットカードの番号を入力するのは心配です。
またドル建てというのも不安です。
第三のハードルはなんらかのトラブルがあったときの対処です。
製品が届かない、精算の金額が違うなど思わぬアクシデントがあったときに、個人で海外の業者と交渉するのはかなり難しいと言えます。
個人輸入代行業者に間に入ってもらえばそのようなトラブルを避けることが可能です。
これらのハードルをクリアした上で、さらに個人輸入代行業者を使えば余りあるメリットがあるのです。
まず第一に、海外から格安の薬を入手することができます。
特に人気が高いのがバイアグラなどのED治療薬で、日本では泌尿器科に出かけた上高い値段でしか入手できないものを格安で購入することが可能です。
カマグラゴールド等のバイアグラジェネリックを購入するのならば、さらにコストを下げることができるでしょう。
第二に日本では入手できない薬を購入することができます。
ED治療薬の格安ジェネリックはさまざまな物がありますが、日本では売られていないものがほとんどです。
これを医薬品の個人輸入代行業者を通して買えば、簡単に手に入れることができます。
第三に決済や配送も安心でトラブルなく済みます。
クレジットカードが安全安心に使える上、配送状況の追跡システムなどで、今どこまで届いているのかを把握することが可能です。
通関の手続きなどの面倒も一切ありませんので、薬の通販と同じような感覚で依頼することができるのです。
個人輸入代行業者を上手に活用しましょう。