Permalink to single post

個人輸入代行サービスでED治療の医薬品を購入しました

世の男性が悩まされている症状の一つに勃起障害があります。
勃起障害になってしまう原因は様々ですが、加齢やストレスなどによって勃起障害を招くことがあります。
そんな私も40代に入ってから勃起障害に悩まされるようになり、性行為中に中折れを起こしたり、勃起力の低下によって男性器が小さいことが悩みでした。
私はパートナーのことを愛していましたし、定期的に性行為をしたいなと思っていたのですが、実際に性行為中に中折れをしてしまうとスムーズに性行為をすることが出来ないのが残念でした。
パートナーからは「心配しないで」と声をかけてくれるのですが、私にとっては深刻な悩みであり常に落ち込んでいたのです。

そんな時に友人から「クリニックで勃起障害を治療してみたらどうだ」と薦められたのですが、私はクリニックに行くことに対して抵抗がありました。
なぜならクリニックでは高い料金を請求するイメージがあり、それにより経済的な負担をかけてしまうからです。

とりあえずお金をかけないで勃起障害を治療しようと思い、ドラッグストアで販売されていたサプリメントを飲むようにしました。
そのサプリメントを飲めば男性器が元気になるらしいので毎日のようにサプリメントを飲んでいたのですが、しかし残念ながら勃起障害を克服することが出来ませんでした。
「もうクリニックに通うしかないのかな」と思っていたときに、インターネットで個人輸入代行サービスの存在を知ったのです。
どうやら個人輸入代行サービスは、勃起不全の治療をしているクリニックで貰える医薬品をインターネットから購入することが出来るようです。

しかも医薬品の販売価格を見てみると、かなり値段が安かったので驚きました。
「値段が安いし買ってみようかな」という気軽な気持ちで、大手の個人輸入代行業者から勃起障害の治療薬を購入してみることにしました。
そして数日後に勃起障害の治療薬が無事届いたので早速使用してみることにしたのですが、医薬品の使い方は個人輸入代行業者の医薬品販売ページに日本語で書いてあったので、医薬品の使い方について特に難しいことはなかったですね。
医薬品を服用してから数十分後に体が少し火照るようになり、それから男性器に性的な刺激を与えてみると、かなりの勃起力であることが分かりました。
「これならパートナーと性行為が出来る」と確信し、後日パートナーと会う前に医薬品を服用し、それからパートナーと性行為をすることになりました。

パートナーの前で下半身を露出すると、医薬品のおかげでかなり男性器は元気になっており、パートナーにも驚かれました。
そしてセックス中は中折れを一切起こすことなく、その日は最後まで性行為をすることが出来たのです。
この時は勃起障害を改善出来たことによる喜びで感動を覚えてしまいました。
現在でも個人輸入代行サービスから勃起障害を治療する医薬品を購入していますが、値段が安いので続けられやすいのがメリットだと感じています。
今の私にとってこのED治療薬は、必要不可欠な医薬品です。
新しい知識が手に入るサイトです

最近、医薬品の個人輸入代行という言葉を聞くことが多くなりましたよね。
だけど、どういう仕組みになっているか、知らないことはたくさんあるはずです。
ここですべてを書いてもいいのですが、わかりやすく書かれてあるサイトを発見したのでそちらを参考にしてみてください⇒薬の輸入について(外部リンク)
私もこのサイトで新たに多くの知識を得ることができたので、初心者におすすめです。

Permalink to single post

医薬品の個人輸入代行をお得に利用しよう

医薬品や医薬部外品など、日本で入手するには費用が掛かり過ぎたり、日本国内では売られていなかったりするものを海外から輸入することは条件付きながら認められています。
個人が使用する目的ならば輸入することは大丈夫なのですが、例えば要指示薬なら1か月分以内という数量制限はかかっています。
ただし注意点があります。
日本国内で販売されている薬ならば安全性と有効性は厚生労働省によって確認されているのですが、海外の医薬品は必ずしもそうとは言えません。
それでも敢えて輸入するのならば自己責任ということになりますので十分に情報収集しておきましょう。
個人輸入代行業者は海外の医薬品を個人に代わって調達してくれます。
個人からの注文を請け負って海外からのお薬を輸入してくれるのです。
個人が海外の薬を販売しているサイトから薬を購入しようとするといくつかのハードルがあります。
まず第一は英語の壁です。
語学が堪能な人ならばともかく、薬の効能や副作用について説明した英文は理解するのが難しいです。
様々な注意書きも把握しないといけませんが、薬についての説明文は翻訳ソフトを使っても意味がわからないことが多いのです。
個人輸入代行業者のサイトは日本語で書かれていますので、英語というハードルは簡単にクリアすることができます。
第二の難関は決済の方法です。
クレジットカードで決済をしたらよいのでしょうが、やはり海外のサイトにクレジットカードの番号を入力するのは心配です。
またドル建てというのも不安です。
第三のハードルはなんらかのトラブルがあったときの対処です。
製品が届かない、精算の金額が違うなど思わぬアクシデントがあったときに、個人で海外の業者と交渉するのはかなり難しいと言えます。
個人輸入代行業者に間に入ってもらえばそのようなトラブルを避けることが可能です。
これらのハードルをクリアした上で、さらに個人輸入代行業者を使えば余りあるメリットがあるのです。
まず第一に、海外から格安の薬を入手することができます。
特に人気が高いのがバイアグラなどのED治療薬で、日本では泌尿器科に出かけた上高い値段でしか入手できないものを格安で購入することが可能です。
カマグラゴールド等のバイアグラジェネリックを購入するのならば、さらにコストを下げることができるでしょう。
第二に日本では入手できない薬を購入することができます。
ED治療薬の格安ジェネリックはさまざまな物がありますが、日本では売られていないものがほとんどです。
これを医薬品の個人輸入代行業者を通して買えば、簡単に手に入れることができます。
第三に決済や配送も安心でトラブルなく済みます。
クレジットカードが安全安心に使える上、配送状況の追跡システムなどで、今どこまで届いているのかを把握することが可能です。
通関の手続きなどの面倒も一切ありませんので、薬の通販と同じような感覚で依頼することができるのです。
個人輸入代行業者を上手に活用しましょう。

Permalink to single post

個人輸入代行業者を利用する注意点について

以前だったら病院に行って医薬品を処方してもらうのが一般的でしたが、現在はインターネットの個人輸入代行サービスから医薬品を入手することが出来るようになりました。
それにより、最近では個人輸入代行サービスに人気が集まっているようです。
確かに自宅にいながら医薬品を取り寄せることが出来るのは魅力ですし、販売されている医薬品は値段が安いので、気軽な気持ちで医薬品を購入したくなるでしょう。
そんな便利な個人輸入代行サービスではありますが、個人輸入代行サービスには様々なトラブルがありますので、そういったトラブルをしっかりと理解したうえで個人輸入代行サービスを利用するようにしてください。
さて、現在では沢山の個人輸入代行業者があることが確認されていますが、優良な業者があれば悪質な業者もあるのが現状のようです。
優良な業者から医薬品を購入すれば何も問題なく医薬品をリーズナブルな値段で購入することが出来ますが、悪質な業者であるとそうもいきません。
例えば悪質な業者から医薬品を購入すると医薬品が届かないケースがあります。
欲しい医薬品の注文をして支払いも済ませ、ずっと待ってもなかなか医薬品が届かないことがあるのです。
医薬品が届かないことを業者の問い合わせフォームで問い合わせてみても、返事がこないことがあります。
また、医薬品が自宅に届いても、その医薬品が偽物であるケースもあるのです。
これらの偽物の医薬品を使用すると体に害を及ぼし、健康被害を訴えている方がいますので気をつけてください。
さて、このような悪質な業者を利用しないためには果たしてどうすれば良いでしょうか。
簡単なことではありますが、医薬品を購入する前に業者について事前にしっかりと調べることが大事なので、下調べをしてから業者から医薬品を購入するようにしてください。
現在では掲示板やウェブサイトから業者のクチコミやレビューを確認することが出来ますし、悪質な業者だと過去に被害が遭っている情報が掲載されているので、そういった情報に目を通すようにしましょう。
そして個人輸入代行サービスによって医薬品を簡単に手に入れることが出来るようになって、それにより安易に医薬品を使用している方がいますが、医薬品である以上は副作用や併用禁忌薬があるので、しっかりと医薬品について理解をしてから使用するようにしましょう。
医薬品の使い方や副作用、併用禁忌薬については個人輸入代行業者の医薬品販売ページに掲載されているので見てください。
そして個人輸入代行サービスで取り寄せた医薬品を使って、体に悪い症状を引き起こしてしまった場合はすぐに医薬品の服用を中止し、クリニックに行って先生に相談をするようにしましょう。
このように現在では個人輸入代行サービスで気軽に医薬品を購入することが出来るようになりましたが、医薬品の使用方法や個人輸入代行業者選びは慎重におこなう必要があります。
優良な業者から正規の医薬品を購入し、体の症状を改善していきましょう。

Permalink to single post

個人輸入代行の様々な魅力について

世の人々が生活をしていると様々な病気にかかることがありますが、そんな時はクリニックに行って先生に診てもらい、処方された医薬品を使って症状を改善することが出来ます。
このように、私たちは医薬品によって健康的な生活をおくることが出来るので、医薬品は私たちにとって必要不可欠な存在だといえます。
ただ、これらのクリニックで処方して貰える医薬品は、現在ではインターネットからでも購入することが出来ますし、個人輸入代行サービスを利用すれば海外から医薬品を簡単に取り寄せることが出来ます。
現在では個人輸入代行サービスをつかって医薬品を取り寄せている方が、国内でもたくさんいるのです。
もし、事情によってクリニックで医薬品を貰いに行けないのであれば、インターネットの個人輸入代行サービスから医薬品を取り寄せてみましょう。
そして個人輸入代行サービスには様々な魅力があります。
例えば販売している医薬品の種類が豊富なことであり、その人の症状に合わせて医薬品を購入することが出来ます。
大手の個人輸入代行業者だと扱っている医薬品の種類が数千種類あるといわれているので、豊富な品揃えに驚くと思います。
そして海外から医薬品を取り寄せるといっても全国送料無料なので、医薬品のほかに送料がかかってしまうことがないのです。
本来、インターネットから商品を購入すると商品とは別に配送料がかかってしまうことがあり、地域によっては送料が高くなることがありますが、個人輸入代行サービスは基本的に送料が無料なので、どこから購入しても送料を負担することがありません。
送料がかからないわけですから、手軽に医薬品を購入する気持ちになると思います。
他にも、医薬品をまとめ買いすると購入代金を安くすることが出来るのです。
それは割引制度サービスであり、医薬品をまとめて購入することによって割引制度が適用されて、購入代金をいくらかリーズナブルにすることが可能です。
医薬品を購入すればするほど割引率が高くなるので、是非医薬品はまとめて購入することをオススメします。
そして欲しい医薬品があれば注文することになりますが、注文した商品は早ければ数日後に届くので対応は早いです。
海外から医薬品が発送されるのに、数日後には自宅に届くのは凄いですよね。
そして医薬品の購入者のプライバシーをしっかりと配慮しているため、ダンボールの中身が分からないように梱包がされてあったり、箱には購入した商品名の記載が一切無いので安心して医薬品を購入することが出来ますよ。
そのため、誰かと一緒に住んでいる家庭でも、購入した医薬品をバレずに購入することが出来るので安心ですね。
また、自宅まで荷物が送られるのに不都合を感じれば、郵便局留め指定にして後日荷物を郵便局で受け取るようにしましょう。
このように薬の個人輸入代行サービスには様々な魅力があることが分かりますが、もし興味がある方は個人輸入代行サービスから医薬品を購入してみてください。

Permalink to single post

医薬品の個人輸入代行で購入しよう

医薬品とは、私たちの生活でとても重要な役割を果たしてくれています。
体に何か不調があるとき、薬を飲むことで改善されると、日常の生活をおくることができます。
もし薬がなければ、長い間寝込まねばならず、社会生活になかなか復帰できないことでしょう。
また、その病が大病であったときは、薬なくしては命も落としてしまうことになりかねません。
そんな大切な薬なのですが、日本で流通していない海外の薬を手に入れることができるのをご存知でしょうか。
購入手段は、インターネットの医薬品の個人輸入代行のサイトによって手に入れることができます。
海外のモデルや女優がダイエットのために効果のある薬を使用していると話題になっていますが、そのような商品も取り扱いがあり、手に入れることができます。
海外のモデルさんが、きれいなスタイルを維持しているのには、このような薬が出回っていて、効果があるからなのかもしれませんね。
日本ではまだ無認可の医薬品なのですが、海外ではきちんと安全性が確かめられているので、安心して使用することができます。
医薬品の個人輸入代行サイトで、最も人気のある薬は、EDの治療薬でしょう。
バイアグラだけでなく、そのジェネリック医薬品なども手に入れることができるので、利用者から反響を得ています。
これらの薬は、日本で流通していないため、こうしてインターネットで購入できるのは、EDの患者にとってとても喜ばしいものではないでしょうか。
通院するとなると、時間的な制約だけでなく、恥ずかしいという点も問題ですよね。
こうして、ネットで買い物ができるのは、便利なものです。
ただ一つだけ注意が必要なのは、偽物が出回っている可能性があるということです。
以前バイアグラの偽物が世に出回り、世間を騒がせていたということがありましたよね。
そのように、インターネット上で悪徳業者が偽物の薬を、本物と偽って販売しているケースがありますので、くれぐれも注意が必要です。
このような被害に遭わないためには、怪しいと思うようなサイトでは、購入しないべきです。
具体的なチェックポイントとしては、以下にあげられるようなところです。
まず、海外の医薬品の値段があまりに安すぎるようなところは、基本的には怪しんだほうがよいかもしれません。
よく安かろう悪かろうと言いますよね。
安いには何か理由があるかもしれないと、疑ってかかった方が賢明です。
あとは、医薬品の個人輸入代行サイトとしてある程度歴史の長い会社であることも、チェックポイントとして挙げられます。
きちんと運営している業者は、それなりの実績があるはずですから、安心してもよいでしょう。
また、友人知人、利用者からのクチコミがよいところも信頼できると考えてもよいでしょう。
このように、しっかりと自分の目や耳で調べて、確認した上で購入することを、お勧めいたします。
きっと効果のある薬を手に入れることができ、満足できることでしょう。

Permalink to single post

個人輸入代行を安心して利用するために

忙しくて病院へ通う時間がない方や、健康保険が適用されない病気で経済的に治療が難しい方、人に知られたくない病気でこっそり自宅治療を行いたい方など、多くの方に利用されている医薬品の個人輸入代行サイトですが、初めて利用しようという時は色々とわからない事ばかりで心配になりますよね。
ですが、医薬品の個人輸入代行サイトを一度使ってみれば、その使い勝手は普段使っている通販サイトとほとんど同じなのがわかるかと思います。
個人輸入の手続きを代行してくれるサイトなので通販とは違うものの、欲しい商品を選びやすく、購入するまでがわかりやすいというのがメリットです。
使いやすいサイト構造を突き詰めると、同じようなものになるのかもしれませんね。
違うのは扱っている商品が医薬品だということと、海外から配送されるので届くまでにやや時間がかかるかもしれないという事です。
このようなサイトは数多くありますので、安心して長く利用するためにも、しっかり良質なサイトを見極めましょう。
最初に目を向けたいのは、やはり利用者の多さとサイトの実績です。
もしも質の悪いサイトならば利用者も増えるワケがありませんし、悪い評判が広がれば運営を続けられません。
ですから、信頼できるサイトというのは経営実績が長く、多くの方が利用していて口コミが多いサイトという事になります。
次にチェックしておきたいのが、商品の価格やデータです。
良いサイトでは商品の価格が相場相当ですし、メーカーの正規品だけを扱い、服用方法や注意事項、商品や薬の画像など、詳細な情報が書かれています。
成分の検査証などもあるとより安心できますよね。
また、クレジットカード決済が行えるサイトはクレジットカード会社の審査を通っているという事になります。
信頼できるかどうか判断するのに意外と重要なポイントですので、忘れずに確認しておいて下さい。
複数のサイトを比較して、口コミや実際にサイト内を見て回った感じなど総合的にみて判断すると良いでしょう。
他にも、お得な割引制度や商品の種類の多さ、配送料やサポートの質など、これらの点に注意すれば長く付き合っていけるサイトに出会えるかと思います。
ただし、良いサイトで購入したと言っても、医薬品は医薬品です。
服用方法や服用の注意点などには十分に気をつけてご利用下さい。
服用方法や用量は決められた通りに従う事が、もっとも安全で効果的です。
効き目が薄いからと多い量を飲んだりしないようにしましょう。
他にも、副作用やアレルギー、服用できない方、併用禁忌薬など、安全に医薬品を利用する前にはそれらを確認しておく必要があります。
国内で承認されていない医薬品を利用して健康被害に遭ったとしても、医薬品副作用救済制度の対象外となりますから、病院で一度も診察を受けていない状態で購入する場合は、本当に自分にとってその医薬品が必要なのか、自己判断で大丈夫なのか考えてみて下さい。
これらを忘れなければ、きっとあなたにとって医薬品の個人輸入代行サイトはかけがえのない存在になるでしょう。

Permalink to single post

病院へ行く時間と治療費を節約できる個人輸入代行

人間誰しもいつかは病気をして病院へ行くことになります。
若い頃は健康に気をつけなくても病気知らずだった方も、中年から中高年へと差し掛かってくる頃には、1つ2つは身体の不調を感じるようになるでしょう。
最近では食生活が疎かになりがちで、比較的若い方でも生活習慣病で健康診断に引っかかってしまう事がありますし、男性の更年期障害、お酒の飲みすぎで肝機能障害、仕事のしすぎやストレスで精神的な病にかかってしまう事もあります。
そんな時のための病院ですが、いざ自分が行くとなると気分が落ち込み、自分ももう年なのだという自覚が若い気持ちすら失ってしまう事もあるのではないでしょうか。
そして、病気によっては完治が難しく、長期にわたる治療が必要な場合があります。
そのような病気になってしまった時、毎月のように病院へ通うために休みを取り、先生に経過を診てもらい、同じ薬を処方してもらって家に帰るという事をしなければなりません。
病院が近ければ大した時間はかからないと思うかもしれませんが、病院というのは待ち時間が意外と長く、込んでいる時は待合室で2~3時間待たされるという事もあるのです。
仕事を休んでまでこんな時間を過ごすなんて、本当に時間の無駄ですよね。
治療費も病気によってはバカになりませんし、遠くの病院へ通っている場合は交通費だけでも高くつくでしょう。
通う期間が長くなればなるほど、これらのムダが気分を落ち込ませてしまうかもしれません。
そんな時は、一度必要な薬についてインターネットで調べてみてはいかがでしょうか。
もしかしたら今の薬より低価格のジェネリック医薬品があるかもしれませんし、ネットでは医薬品の個人輸入代行を行っている業者のサイトがありまして、日本では処方箋がなければ手に入らない薬や、まだ認可されていない医薬品を購入する事ができます。
そのサイトでは個人輸入の煩雑な手続きを代わりに行ってくれますので、まるで通販サイトを利用するような感覚で必要な薬を手に入れることができるのです。
もちろん通販とは違いますが、まとめ買いによって割引を受けられたり、購入に利用できるポイントが付いたり、商品ごとに購入者のレビューが投稿されていたり、欲しい商品を選んでカートに入れ、決済の仕方を選んで手続きするなど、初めての利用でも個人輸入の知識がなくても、迷わず購入できるでしょう。
個人輸入代行サイトを利用すれば、病院へ通う時間や待ち時間を節約できるだけでなく、薬代や診察代、交通費も大幅に節約できる可能性があります。
とくに健康保険が適用されな病気の治療を行う場合、個人輸入ならば確実に薬代が安くなりますし、ジェネリック医薬品があれば大幅な節約になるはずです。
病院へ通う負担が減り、その分やりたい事にエネルギーを向けることができれば、その分、気持ちも前向きになるかと思います。
それはきっと病気の回復にも良い影響を与えるのではないでしょうか。
仕事で忙しい方や、子育て、介護などで時間的にも経済的にも病院へ通うことが困難な方は、個人輸入代行を賢く利用しましょう。

Permalink to single post

医薬品の個人輸入代行業者に頼る理由と代行業者の特徴

私たちも、海外から医薬品を輸入することは可能です。
ではなぜ、輸入代行業者は存在し、彼らを介して購入するという手間を踏む必要があるのでしょうか。
まず、法律上の問題があります。
薬事法などによる制限です。
きちんとした目的がなければ、個人で輸入することはできません。
加えて、使用は輸入者本人のみに限定されているため、仕入れた医薬品を他者に販売することはもちろん、譲ることも許可されていません。
個人が輸入を必要とする目的については、ある国の処方箋が必要であることが認められています。
どういうことかというと、例えば以前に海外で治療を受け、日本に帰国した後も薬の服用を続ける場合に、薬もその国で処方されたものが必要となるのです。
自分の病気を完治させるためには、医薬品を輸入しなければいけないという訳です。
また、その理由であったとしても、輸入前に地方厚生局に書類を提出して、薬事法に抵触していないことを示さなければいけません。
薬の範囲によっては、税関での確認のみで済む場合もありますが、具体的にどの薬がそうなのか、自分が求める医薬品は該当するのかを調べなければならないという手間もあります。
逆に、一切の輸入が禁じられている薬もあります。
覚せい剤など、日本で所持しているだけでも処罰の対象になる薬が該当します。
このように、個人で輸入するには手間と時間がかかります。
それらを省いたり、また必要な知識を補う意味もあって、個人輸入代行業者に頼るケースが多いのです。
外国語が話せない方や読めない方にとっても、連絡のやりとりが困難ということも理由の一つでしょう。
それでは、輸入代行業者に頼るのは良いとしても、どのように選ぶべきでしょうか。
わかりやすい判別は、やはり利用者のレビューや口コミです。
業者のお店やホームページに記載されているものはもちろん、個人のホームページやブログなどに記載されているものも重要です。
実際に利用した方が満足したのか、本物の薬で安心安全であるかなどがわかります。
取引をホームページでも行っている業者の場合は、ページにも特徴があります。
それは、医薬品を掲示していないことです。
一般的な通販サイトでは、商品がホームページ上に陳列され、その中から欲しいものを選択して購入するという形式になっています。
しかし、医薬品の個人輸入代行業者のページは、それとは異なります。
医薬品の公開を一切していないのです。
これは薬事法による制限のためで、同法の中に「未承認医薬品の広告禁止」という規定があります。
これにより商品の名前や効果、例えばスキンケアに良いなどの表示をすることを禁じているのです。
商品が表示されている業者は、一般の通販サイトとみるか、良くないサイトとして、個人輸入の依頼はしない方が良いでしょう。
個人輸入を依頼する際は、薬品名については自分で調べた上で、入力フォームや問い合わせ欄から申し込むという形式が一般的なのです。

Permalink to single post

海外からだと医薬品も安く購入ができる

ほしい医薬品があっても、日本での料金を見て諦めてしまった方はいるのではないでしょうか?
そのものにもよるのですが、毎日のように継続をして服用しなければならないのにも関わらず、その1か月の値段が高いものもあります。
余分に残るような給料を貰っている方であれば良いのですが、ギリギリの中で生活をしている方からすると、毎日服用を続けられないかもと思ってしまいますよね。
困ってしまった時には、海外のジェネリック医薬品を購入するという方法もあります。
その場合に海外に直接行き購入する方法や、自分ですべての手続きを行って購入をするという方法がありますが、実はそういった方法は大変です。
まず海外に直接行くには交通費などもかかりますし、その売っているお店なども探しながら行く事になります。
中には麻薬のような目的の医薬品とは別の商品を販売していて、観光客だからといって騙される場合もありますので気を付けましょう。

その他にも個人で輸入を行う時には、難しい規則などをすべて理解してからでなければ購入できないなど大変な面もあります。
そのような時には医薬品の個人輸入代行を利用する事で、そういった大変な手続きをすべて行ってもらう事が可能となります。
海外の医薬品は日本で認可されているものから、まだ未認可のものまでありますが、そういったものをすべて自分の代わりに輸入をしてくれて複雑な決まりも守りながら購入する事ができます。
そういった注文を受けてくれる会社をサイトで探す事ができますので、これからジェネリック医薬品で自分の悩みを解決してくれそうな医薬品を探したい時には見てみましょう。
同じ効果を期待した場合にも、ジェネリック医薬品がいくつもある場合があります。

日本で購入する事ができる医薬品の半分以下の価格で購入する事ができ、さらに個人輸入代行のサイトを利用すると送料なども無料で送ってくれる場合もありますので、自分で輸入を行うよりも遥かにお得にできます。
なかなか店舗を構えてこの医薬品の個人輸入代行を行ってくれている訳ではないので、購入したい時にはインターネットから探すようにもしましょう。

製薬会社も怪しい会社からではなく、海外の一流の会社や安心して購入ができるような会社からしか輸入をしていません。
そして中には独自に成分の調査を行っていて、正しい成分の医薬品しか送ってこないお店もありますので安心して利用をする事ができます。

初めて購入する時には慣れないようなイメージもありますが、サイトも見やすく利用しやすいので抵抗なく注文を行う事ができるでしょう。
少しでも値段が安いと毎日服用を続けやすいですし、半年などかけてやっと効果ができるような医薬品も金銭面の事を考えずに服用する事ができるでしょう。
体の悩みをそのままにして我慢せずに、しっかりと毎日続けていく事ができます。
まずは様々な医薬品の個人輸入代行のサイトがありますので、どこで購入するかを決めてみましょう。

Permalink to single post

個人が海外医薬品を輸入するのは合法

日本で医薬品を販売するには、基本的に厚生労働省が安全性を認可したものでなければなりません。
ですから、日本の業者が勝手に日本で認可されていない海外の医薬品を販売することはできないことになります。
たとえ海外で普通にドラッグストアなどで売られている医薬品であっても、利用者が多く海外の公的機関で安全性が認められていても、法律で決められている以上、ダメなものはダメなのです。
しかし、海外の医薬品の中には業者による販売はダメでも、医師の処方箋があれば購入できる優れたものもあります。
また、日本で認可が遅れているだけで、日本の薬よりも優秀な医薬品もたくさんあります。
このような医薬品を個人で手に入れることが絶対に無理なのかというと、実はそうではありません。
というのも、薬事法では個人に限って、海外医薬品を国内で入手すること自体は認めているからです。
つまり、医薬品の個人輸入代行を自己責任で行って、自分で使用する分には何ら問題はないのです。
個人輸入を言うと、少し難しく聞こえるかもしれませんが、ようは個人がネットなどを通して、直接海外のメーカーなどから薬を買うことは許されているということです。
ただし、メーカーなどと直接連絡を取り合うとなると、現地の言葉、もしくは英語でコミュニケーションを摂らなければならないでしょう。
ですから、かつての個人輸入と言えば、ごく一部の語学力に優れた人たちだけが行っているものでした。
しかし、近年になって、医薬品の個人輸入代行をしてくれる業者が登場し、誰でも気軽に海外の医薬品を購入できるようになったのです。
誰もが望んでいたサービスですから人気になるのは当然で、現在は老舗と呼ばれる大手の業者も現れているほどになっています。
この業者の優れている点は、輸入や販売に関する全ての手続きだけでなく、万が一のトラブルにも対応してくれているところです。
また、医薬品を販売しているサイトも全て日本語表記となっていますから、外国語が全くできなくても問題ありません。
使用方法から有効成分の説明、注意点や副作用など、全てをチェックしてから購入することが可能となっています。
また、業者のサイトの多くが口コミ情報を掲載していますから、海外の医薬品に不安がある人でも、どれくらいの評判なのか、日本人に合う薬なのか、安全性は高いのかといったことを、利用者の声から知ることもできるようになっています。
海外医薬品ということで気になるのは、正規品であるかどうかですが、現在は多くの業者が管理やチェック体制を強化しています。
中には薬剤師による成分検査を独自に行っている業者もあるので、不安な方はそういったところを探して利用してみるといいでしょう。
大抵は大手と呼ばれる業者が行っているサービスになると思います。
悪質な業者は現在、かなり淘汰されていますが、医薬品の個人輸入代行業者を利用する場合は、必ず信頼できるかどうかを第一に考えて選ぶようにしましょう。